ダークサイドは過酷なルール『ウノ フリップ』日本語版、6月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

マテル・インターナショナルは6月下旬、『ウノ フリップ(Uno Flip!)』日本語版を発売する。作者・アートワーク不明、2~10人用、7歳以上、プレイ時間自由、1000円(税別)。

ルールは通常の『ウノ』と同じで手札を早くなくすゲームだが、カードの表(ライトサイド)と裏(ダークサイド)の2つのサイドがあり、ライトサイドでゲームを開始し、フリップカードが出たら全員でカードを裏返しダークサイドにチェンジする。

ダークサイドはカラーも一転し、ピンク・水色・オレンジ・パープルとなり、次の人が山札から5枚引く「ダークドロー5」や、宣言された色が出るまでカードを引き続けなければならない「ダークカラーワイルド」といった過酷なカードが登場する。

サイドをチェンジすると、それまでの面は無効になり、新たなダークサイドで戦わなければならない。サイドは目まぐるしく変わり、表に裏の内容をどれだけ把握しておくこともポイントになる。

定番の赤箱『ウノ』、昨年発売された青箱『ドス』に続く紫箱の登場を、マテル社は「3兄弟目」と呼んでいる。

マテル:「UNO(ウノ)」からカードの表も裏も主役の新商品が登場!「UNO FLIP(ウノ フリップ)」6月下旬より発売

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください