『世界の七不思議:艦隊』日本語版、9月上旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

7wondersarmadaJ.jpgホビージャパンは9月上旬、拡張セット『世界の七不思議:艦隊(7 Wonders: Armada)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・A.ボザ、イラスト・D.シャポワ&E.エビンガ&C.ヌヴェル、3~7人用、10歳以上、40分、4500円(税別)。プレイするためには『世界の七不思議』基本ゲームが必要。

2010年の発売以来、プレイ人数の幅が広いコンボ系文明発展ゲームとして人気を維持し、コンスタントに拡張セットが発売されている『世界の七不思議』。箱入りの拡張としては『指導者たち』(2011)、『都市』(2012年)、『バベル』(2014年)に続く4タイトル目で、オリジナルは2018年に発売された。2人専用に移植した『デュエル』(2015年)を経て、再び基本セットに回帰してきたかたちだ。

プレイヤーは4つの艦隊を設立して指揮をし、海の覇権も争う。新たに加わる2種類のカード(艦隊カードと島カード)によって、軍艦を建造したり、海戦を繰り広げたりでき、新しい戦略とインタラクションが楽しめる。

これまで発売された拡張セットと合わせることで8人でもプレイできるほか、チーム戦のルールも入っている。

内容物:港湾ボード8枚、船駒32個、艦隊カード24枚、島カード27枚、海戦トークン48枚、陸戦トークン6枚、襲撃トークン2枚、価値6コイン6枚、サマリーカード4枚、ルールブック1冊

7wondersarmadaJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください