タイル配置&ストーリーテリングのダンジョン探索『デルヴ』日本語版、8月29日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

delveJ.jpgアークライトは8月29日、ダンジョン構築&探索ゲーム『デルヴ(Delve)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・R.ローニアス&P.シャーリー、イラスト・ゴーンスタジオ&S.ハートマン、2~4人用、14歳以上、60分、5200円(税別)。

オリジナルはインディボード&カードがキックスターターを経て2017年に発売した作品。『アーカムホラー』『エルダーサイン』のローニアスがデザインし、キックスターターでは2200人が10万ドル以上を出資した。世界中の勇敢な冒険者(デルヴァー)が、財宝が眠るダンジョン「頭蓋洞窟」に集い、戦利品を求めて探索する。

「傭兵団」「森の民」「レイス」「コボルド」からそれぞれ能力の異なる種族を1つ選んでスタート。手番にはダンジョンタイル1枚とデルヴァーコマを1個ずつ配置する。『カルカソンヌ』のように部屋が閉じて完成したとき、そこにほかのデルヴァーもいればダイスで戦い、金貨と宝物を奪い合う。一方、その部屋に1人のプレイヤーしかいなければ、遭遇カードを引いて読み、さまざまなイベントを解決しなければならない。

獲得した宝物は特殊能力をもたらし、その後の冒険でアドバンテージになるだろう。シチュエーションを説明し、プレイヤーに選択を迫る遭遇カードによってTRPGのような没入感ももたらされる探索ゲームだ。

内容物:ゲーム盤1枚、入口タイル1枚、ダンジョンタイル78枚、金貨カード85枚、宝物カード27枚、遭遇カード81枚、派閥ボード4枚、デルヴァーコマ20個、キューブ8個、攻撃ダイス12個、太陽マーカー1個、XPトークン25個、親マーカー1個、説明書1冊(※カードサイズ遭遇カード63×88mm、その他44×63m)

delveJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください