ヘゲモニア戦記(Epic of Hegemonia)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

スライム合体!

epicofhegemonia.jpg

ドラゴン、エルフ、スライム、エイリアン、そしてヒューマン。これら5つの種族がヘゲモニアの地の覇権を争う異種格闘エリアマジョリティーゲーム。ゲームマーケット初出展となるスタジオムンディがゲームマーケット2019春で発表した。種族の能力に性格が現れていて感情移入してしまう。

各プレイヤーの種族をランダムに決めてスタート。手番にはまずランダムに資源が産出され、対応するエリアに置かれる。その資源を求めて自分のコマや他人のコマを移動させた後、各エリアで過半数を取れれば資源をもらえる。このとき、手番外でも過半数を取っていれば資源をもらうことができるため、誰にどの資源がいくかを考えて動かなければならない。

手に入れた資源は、それぞれの種族のコスト表に従ってコマを増やしたり、移動力を上げたり、拠点を建設したりする。先に拠点を全て建設できたプレイヤーが勝利。

ドラゴンは1体で勢力3、エルフは移動力が高い、スライムは合体できる(キングスライム!)、エイリアンは拠点(母艦)を移動できる、ヒューマンはバランス型といった特長がある一方、弱点もある。

3人プレイで30分ほど。私はスライムで、コマを追加するコストが少ないのでどんどん増やしていったが、移動力が少ない。そこで合体して対応したが、移動力をふんだんに持っているエルフから移動させられてしまって資源がなかなか取れない。そのうちスロースターターのエイリアンが徐々に力をつけ、一気に建設して勝利。エイリアンがいる場合、ほかの種族は先行逃げ切りを狙う必要があるのかもしれない。

このように自分の種族の特徴だけでなく、ほかの種族との相性も考えてゲームを進める必要があり(誰に資源を取らせないかなど)、いろいろな組み合わせで遊んでみたくなるゲームである。

ヘゲモニア戦記
ゲームデザイン・さだまつひろゆき/Studium Mundi(2019年)
2~5人用/8歳以上/30~45分

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください