協力ダイスゲーム『GUNDAM THE GAME -機動戦士ガンダム哀・戦士編-』12月5日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

gundamthegame2.jpgプレックスは12月5日、テレビアニメ『機動戦士ガンダム』ボードゲームの第2弾となる協力ダイスゲーム『GUNDAM THE GAME -機動戦士ガンダム哀・戦士編-』を発売する。ゲームデザイン・アークライト開発チーム、1~4人用(4人推奨)、15歳以上、30分、5600円(税別)。

今年3月に発売された『GUNDAM THE GAME -機動戦士ガンダム:ガンダム大地に立つ‐』の続編。TVアニメのエピソードに協力して挑む。今回は第12話『ジオンの脅威』~第30話『小さな防衛線』を4シナリオに編成。ジャブローやオデッサが舞台!ズゴックの他にもグフやトリプル・ドムが登場し、ランバ・ラルや黒い三連星と対峙する。

プレイヤーはホワイトベースのクルーであるアムロ、ブライト、セイラ、フラウとなり、伏せられたパネルを開き、エピソードに基づいたミッションをダイスを振って解決する。それぞれのシナリオによって多彩な仕掛けがあり、チームワークが試される。

内容物:シナリオ(フェイズ)=4本(内1本チュートリアル)、キャラクターシート20枚、キャラクターカード6枚、ストーリーパネルカード72枚、ユニットカード42枚、アイテムカード12枚、戦闘イベントカード40枚、6面ダイス37個、戦闘マップ2枚、キューブ60個、キャラクターコマ11個、ユニットコマ24個、ホワイトベースメーター1枚、早見表カード4枚、ルールブック1冊(カードサイズ:75×110mm/41×63mm)

gundamthegame22.jpg
© 創通・サンライズ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください