クトゥルフ×クニツィア『ミスカトニック大学:禁断の蔵書』日本語版8月22日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは8月22日、『ミスカトニック大学:禁断の蔵書(Miskatonic University: The Restricted Collection)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・R.クニツィア、イラスト・F.ローネ&V.M.レザ=モレノ&I.オトール、2~5人用、13歳以上、30~45分、3200円(税別)。

ケイオシウム社(アメリカ)がキックスターターを経て今春発売したカードゲーム。3700人が10万ドル以上を出資した。デザインは同社の『カーン・オブ・カーンズ』と同様クニツィアが担当した。クトゥルフ神話をテーマにしたカードコレクションゲーム。

舞台は神秘に包まれた街アーカムの中心に位置するミスカトニック大学。オーン図書館審議会の長に誰がふさわしいかを決めるため、古代の知識を収蔵した禁書庫を探索する。5回入室した後、正気度を高く保ちながら禁書の断片と印章を一番集めた学者がゲームの勝者となる。足を深く踏み入れ過ぎないように気をつけ、いざというときは防御カードで危機を回避しよう。

ゲームは5ラウンドにわたって行われ、各ラウンドは全員が図書館から出るまで続けられる。手番には場から図書館カードを選び、自分のプレイヤーボードに置く。図書館カードは3種類あり、断片を揃えれば得点や特殊能力になるが、重複すると強制的に図書館から追い出されてしまう。

正気を保ってオーン図書館審議会の長の地位を手にするのは誰か?

内容物:図書館カード 80枚(断章カード28枚、学生カード16枚、印章カード36枚)、防御カード35枚、得点カード65枚(知識カード30枚、正気(赤)カード30枚、正気(黒)カード5枚)、追加ルール用カード9枚(助手カード4枚、防御カード《潜伏》5枚)、プレイヤーボード5枚、ルール説明書1冊(※カードサイズ(mm):防御カード68×45、得点カード45×68、他63.5×89)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください