JavaScriptを有効にしてください。
Please enable JavaScript!
antiblock.org

モプセン(Mopsen) - Table Games in the World - 世界のボードゲーム情報サイト

モプセン(Mopsen)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

負けた直後にチャンス

mopsen.jpg

『ブルームサービス』『アイル・オブ・スカイ』のペリカンによるトリックテイキングゲーム。短鼻の小型犬パグが集めているホネを、ネコがかっさらう。

配られた手札から3枚まで交換してスタート。カードは4色あり、そのうち3色がパグ、残り1色がネコである。スタートプレイヤーから1枚ずつカードを出して、同じ色を持っていれば出さなければいけないが、ネコはその色を持っていても出してよい。

しかしネコは切り札ではない。4色のランキングはいつも変わっていて、ネコが一番上であれば切り札になるが、下であれば負けてしまう。こうして一番強いカードを出した人が自分が出したカードを得点にできる。数字が低いほど勝ちにくく、得点が高い(ネコは数字が低くても得点が高くない)。

面白いポイントは、一番弱いカードを出した人にもアドバンテージがあるところだ。まず、全員が出したカードから1枚を取って(ここが原題の"mopsen"=「くすねる」になっている)、手札に入れられる。次のトリックで勝てそうなカード、得点になりそうなカードが手に入るだろう。それから、そのカードの色のランキングが一番上になる。その色を取っていれば、早速次のトリックで使える。

こうして誰かの手札がなくなったらゲーム終了。獲得したホネと手札に残ったカードが得点になる。1回も勝たないで終えられるとボーナスがつき、手札に残ったカードと合わせると結構な点数になることも。3ラウンド行って、合計点を競う。

5人プレイで30分ほど。1ラウンド目は数字の低いカードで得点できる幸運に恵まれ、高得点をマークしたが、2ラウンド目は牽制し合う展開に。トリックを取ることも、負けてカードを取ることもできなくて得点が伸びなかった。3ラウンド目には、ランキングが低いうちは数字の小さいカード、高くなったら数字の高いカードとコントロールを心がけてそこそこ得点できたものの1位には成れず。

ランキングだけでなく、勝ちに行こうとしている人と、負けに行こうとしている人のバランスでも出すべきカードは変わる。繊細なカード選択が求められるトリックテイキングゲームである。

Mopsen
ゲームデザイン・A.ペリカン/イラスト・C.フィオーレ&S.コンディロッリ
フッフ(2019年)
3~5人用/7歳以上/30~40分

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください