奇想天外な試練で勝負『ニンジャ・アカデミー』日本語版7月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは7月下旬、『ニンジャ・アカデミー(Ninja Academy)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・A.ボザ&C.ルブラ&L.モーブロン&T.リヴィエール、イラスト・J.B.レイノー、3~5人用、8歳以上、20分、1800円(税別)。

イエロ社(フランス)が今夏のジェンコンに合わせてリリースするミニゲームシリーズの新作。日本文化をこよなく愛し、ゲームマーケットにも度々訪れているフランス人デザイナー4名「チーム・カエダマ link」が制作した。プレイヤーはニンジャ見習いとなり、卒業試験に合格するために集中力、器用さ、俊敏性で数々の試練に挑む。

ラウンドによって全員一斉に戦うものと、一対一で対決しほかのプレイヤーはどちらが勝つか賭けるものがある。試練は21種類。手の甲の上にミープルを乗せて落とさないようにしたり、ミープルを振って立てたり、棒を倒さないようにミープルを取ったりといった奇想天外な競技が待っている。

ゲーム終了時、最も多くの点数を稼いだプレイヤーが首席となり、ニンジュツ師範の地位を獲得する。そのためにはあらゆる試練で最高の成績を残すだけでなく、ほかのプレイヤーの得意不得意を見極める目も試される。

内容物:忍者駒10個、丸太10本、ルールブック1部、呼び出しカード3枚、試練カード21枚、畳カード5枚、勝利コイン 38個


写真は英語版

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください