スピーディな鉄道路線ゲーム『トランスアメリカ&ジャパン』日本語版、8月23日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

transamercajapanJ.jpgグループSNE/cosaicは8月23日、『トランスアメリカ&ジャパン(Trans America & Japan)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・F.B.デロンシュ、新マップ作成・安田均、アートワーク・TANSAN、2~6人用、8歳以上、30分、4000円(税別)。

故デロンシュ(1957-2007)の代表作で、2002年にウィニングムーブズ社(ドイツ)から発売された。1ラウンド数分で遊べる鉄道ゲームとしてドイツ年間ゲーム大賞ノミネート、ドイツゲーム賞2位、オーストリアゲーム賞ファミリー部門賞など、高く評価されている。続編の『トランスヨーロッパ』(2005)もあるが、今回はアメリカマップに加えて、世界初となる日本マップがついている。

各プレイヤーには都市カードが配られ、今回つなぐ5つの都市が指定される。自分の手番が来たら好きなところから線路コマを2本まで置き、これを繰り返して誰かがいち早く全部つないだらラウンド終了。

ポイントは、ほかのプレイヤーが伸ばした線路に合流すると、それらの線路も使えるようになるところ。これによってゲームがスピーディでスリリングなものとなる。

他のプレイヤーは届かなかった分だけ失点となり、次のラウンドへ移る。この失点の累積が規定に達したらゲーム終了で、失点の最も少なかった人が勝者となる。

日本マップだけでなく、ゲームがより白熱する追加カードも入って、この版でしか味わえない楽しみ方ができる。

transamercajapanJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください