『アンドールの伝説:いにしえの呪縛・遺聞』日本語版9月19日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

andor-vlJ.jpgアークライトは9月19日、『アンドールの伝説:いにしえの呪縛・遺聞(Die Legenden von Andor: Die Verschollenen Legenden)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・D.ミシェル&M.ミラー、イラスト・M.メンツェル、1~4人用、10歳以上、60~90分、3300円(税別)。プレイするには『アンドールの伝説』が必要。

遺聞=新たな伝説が3つ収録された拡張セット。オリジナルは昨秋、コスモス社(ドイツ)から発売された。竜タロクを倒したアンドールの勇者たちは、基本セットのゲームボードを舞台に、さらなる冒険が待ち受ける。

西方よりの民の力を借り、焼け落された農場を再建する。アンドールの森の精「アルバク」と遭遇し、やがて未知の強敵である「氷の魔神」「古の大地の精」「スクラルの長」と対峙する。最後は灰色山脈の内部で、長い間秘められていた謎を解き明かす。

拡張セット『新たなる勇者たち』もしくは『闇よりの勇者たち』を使うことで6人までプレイできるようになる。

内容物:大きなカード72枚、コマ15個、トークン類90個、地図タイル3枚、ルールブック1冊(※カードサイズ:80mm×120mm)

andor-vlJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください