協力と裏切りの逃走ゲーム『ケルベロスの試練』日本語版、9月12日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

cerberusJ.jpgアークライトは9月12日、『ケルベロスの試練(Cerberus)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・P.ブティ、イラスト・P.プレ、3~7人用、10歳以上、45分、4800円(税別)。

『10ミニッツ・トゥ・キル』のラ・ボワテ・ドゥ・ジュ(フランス)から昨年発売された作品。地下世界に迷い込んだ冒険者たちが、地獄の門番のケルベロスから逃れて脱出することを目指す。

手番ではカードをプレイして、自分や仲間の冒険者を進ませたり、後退させたりすることができる。カード効果は自分だけだと小さく、グループ全体だと大きくなるため、協力して生還したいところだが、帰りのボートには全員分のスペースがなく、遅かれ早かれ、誰かが犠牲になることになる。

ケルベロスに捕まってしまった冒険者はケルベロス側に加わり、元仲間たちの逃走を妨害してケルベロスに捕まらせることが目的となる。裏切った仲間へのリベンジが始まる中、極限状況でのドラマを乗り切って勝利をおさめるのは誰か?

ゲームボードのレイアウトは毎回変えることができ、難易度も変えられるので繰り返し遊べる作品となっている。

内容物:ゲーム盤(地獄門ボード1枚、脱出路ボード3枚、脱出口ボード1枚)、アクションカード28枚、サバイバルカード28枚、裏切りカード18枚、冒険者コマ7個、ケルベロスコマ1個、歩数ダイス1個、ボート3艘、吊り橋タイル1枚、早見表カード7枚、「偉業達成」シール1シート(※カードサイズ63mm×88mm)

cerberusJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください