ミニチュアを街に並べるロール&ビルドゲーム『ERA:剣と信仰の時代』日本語版、9月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

eramdievalageJ.jpgホビージャパンは9月下旬、『ERA:剣と信仰の時代(Era: Medieval Age)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・M.リーコック、イラスト・C.クイリアムス、1~4人用、10歳以上、45~60分、7000円(税別)。

エッガートシュピーレ(ドイツ)/プランBゲームズが今夏のジェンコンに合わせて制作した最新作。デザイナーは『パンデミック』シリーズのM.リーコックがあたった。同じ作者のロール&ライトゲーム『ロール:スルージエイジズ』(2008年)をもとに、ミニチュアを使って中世の都市を建設していく見た箱庭系ダイス&建設ゲームだ。

舞台は中世のスペイン。ローマ帝国が滅亡し、社会的変革を成しとげた後、領主たちが領地の科学と芸術を発展させつつ、修道院と病院で病人と貧者を支援しなければならない。誉れ高き領地を発展させて名声を得ることを目指す。

毎ラウンド、全員同時についたての裏でダイスを振り、一斉にオープン。ダイスで出た目によって、住民に食料を供給し、自分や他プレイヤーに災害をもたらし、木材や石材を使って建設を行い、剣と盾の数の差で相手から資源を奪う。

建設は壁や農場から、大学や大聖堂に至るまで13種類あり、それぞれ必要な資源・得点・特殊能力が異なる。この特殊能力でダイスや資源を増やし、さらに高得点を狙う。建物は130個のミニチュアになっており、お互いの計画的な位置取りが勝敗に深く関わってくるだけでなく、街が上がっていくさまは箱庭のような美しさがある。

内容物:建物のミニチュア130個、ダイス36個、プレイヤーボード4枚、ペグ25本、記録トークン5枚、得点記録用紙1冊、ついたて4枚、ルールブック1部

eramdievalageJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください