2人で作るパリの街並み『パリ-光の都』日本語版、8月23日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

テンデイズゲームズは8月23日、『パリ-光の都(Paris: La Cité de la Lumière)』日本語版を発売した。ゲームデザイン・J.A.A.アセボ、イラスト・O.ヘマンデス、2人用、8歳以上、30分、2600円(税別)。

デヴィア社(スペイン)から今年発売された作品。同社の『チェックポイント・チャーリー』のデザイナーによる2人専用タイル配置ゲームだ。

ゲームは前半と後半に分かれる。前半では街のベースとなる敷石タイルを配置し、建物タイルを獲得する。敷石タイルが全て配置されたら後半に入り、敷石タイルの上に獲得した建物タイルを配置して得点が入る。

敷石タイルは、自分の色、相手の色、中立の色、街灯のマスに分かれており、後半で建物タイルを置けるのは自分の色か中立の色に限られているため、後半を見据えて配置する必要がある。

建物タイルはさまざまな形があり、敷石タイルの並びを見て選びたいところだが、建物タイルを獲得した手番では、敷石タイルは配置できないため、手番ごとにどちらを行うか悩ましい。後半は、街灯に接するように配置された建物タイルが得点となる。

後半には特殊アクションを実行でき、戦況を一変させたり、ボーナス得点が入ったりする。この特殊アクションは数多くあるが、一回のゲームでは全て出てこないため、遊ぶたびに展開が変わるようになっている。

美しい色使いの油絵調のアートワークのタイルと、パリの一場面を切り取った絵はがきのようなデザインの特殊アクションカードで、パリの雰囲気を楽しみながらプレイしよう。

テンデイズゲームズ:パリ-光の都

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください