センチュリー3部作ついに完結!『センチュリー:ニューワールド』日本語版、10月24日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

centuryanwJ.jpgアークライトは10月24日、『センチュリー:ニューワールド(Century: A New World)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・E.マツウチ、イラスト・A.カナーニ&C.クイリアムス、2~4人、8歳以上、30~45分、4800円(税別)。

プランBゲームズ(カナダ)による「センチュリー」3部作で、『センチュリー:スパイスロード』『センチュリー:イースタンワンダーズ』に続く最終作がいよいよ登場した。いずれも単体で遊ぶことができるが、ほかの作品と自由に組み合わせて遊ぶこともできる。

プレイヤーは16世紀の商人となり、新世界アメリカに足を踏み入れる。未開の地を限界まで進み、狩猟、採掘、収穫によって資源を手に入れよう。交易ルートを確立して効率よく資源をやりくりし、勝利点を競う。

手番には、ボード上のアクションスペースに入植者コマを置いてアクションを行うワーカープレイスメント。アクションによって複数の入植者コマが必要で、さらに他プレイヤーの入植者コマがあると1個多く置かなければならない。

アクションでは4種類の生産品(コーン、肉、タバコ、毛皮)を入手したり、交換したりして、指定された組み合わせを集めることで勝利点カードが手に入る。勝利点カードは得点だけでなく特殊能力ももたらし、入植者を増やしたり、アクションスペースに配置する入植者の数を減らしたり、追加のキューブが手に入ったりできるようになる。ボーナスタイルが手に入るアクションスペースもあり、アイコンを多く集めるほどゲーム終了時にボーナスが入る。

これまでのシリーズと単体で組み合わせることもでき、また3部作全てを組み合わせて遊ぶルールも入っている。単体で遊んで、2ゲームを組み合わせて、さらに3ゲームを組み合わせてと、7通りの遊び方ができ、ワーカープレイスメントの神髄を味えるだろう。

内容物:エリアボード 6枚、プレイヤーボード 4枚、入植者コマ 48個、勝利点カード 56枚、ボーナスタイル 25枚、探検タイル 10枚、キューブ 105個、キューブ用カップ 4個、ルール説明書 4枚(※カードサイズ 70×120mm)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください