影絵でお題を表現!『ピクチャーショー』日本語版、10月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

pictureshowJ.jpgホビ―ジャパンは10月中旬、影絵を使うコミュニケーションゲーム『ピクチャーショー(Picture Show)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・K.キールナン、2~8人用、7歳以上、20分、4500円(税別)。

アスモデ・イタリアから今年発売される作品。プレイヤーはチームに分かれて、用意された45枚の図形を使って、スクリーンの裏側から影絵で表現する。

図形を選び、スティックを使って選んだ図形をスクリーンの後ろで動かす。こうしてチームのメンバーにできるだけ早く当ててもらうことを目指す。

影絵にはたくさんのメッセージが詰まっており、よく観察して、正解の言葉や状態や慣用句などを当てよう。ゲームで勝利するためには、チームワークが鍵となる。大人から子供まで楽しめる革新的なコミュニケーションゲーム。2人用の協力ゲームルールもある。

内容物:磁石付の図形45枚、スクリーン1枚、スポットライト1基(別売りの単4形乾電池3本が必要)、スティック2本、お題カード40枚、ルールシート

pictureshow2.JPG

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください