ARボードゲームプラットフォーム『ティルト・ファイブ』予約受付開始

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ゲームガジェットは25日、クラウドファンディング発のARボードゲームプラットフォーム『ティルト・ファイブ(Tilt Five)』の予約受付を開始した。10月29日までの早割でLE版(正方形ゲームボード)34,800円、XE版(大型ゲームボード)38,800円、完全予約制で2020年6月出荷予定。

ティルト・ファイブ社(アメリカ)が開発し、現在キックスターターにて資金を募集 しているARボードゲームプラットフォーム。開始1日で45万ドル(5000万円)を集めている。

専用のゲームボードを置き、ARヘッドセットと専用コントローラでプレイする。ARヘッドセットをかけると、ゲームボード上に立体映像が立ち上がり、臨場感あふれるプレイができる仕組み。同じ場面でも、プレイヤーによって見え方が異なっており、新しい体験ができる。

6つのオリジナルゲームが同梱されている。同梱されているのは生き残りをかけたオフロードレース『オフロード・エリミネーション』、アクションシューティング『タンブリー・タワーズ』、エイリアンシューティング『ザイボーグ・イントルーダーズ』、落ち物ゲーム 『ザ・ドロップ』、ゾンビゲーム『ボムズ・アウェイ』、誘導ゲーム『マーブルズ』。

ゲームガジェット:Tilt Five LE Kit
内容物:ARヘッドセット(白のみ)、ワンド(白のみ)、鼻サイズ調整交換部品、USBケーブル、正方形ゲームボード(31.5インチ×31.5インチ)、入門ゲームパック、ベーシックボックス、SDKへのアクセス権

ゲームガジェット:Tilt Five XE Kit
内容物:ARヘッドセット、ワンド、鼻サイズ調整交換部品、USBケーブル、大型ゲームボード(31.5インチ×31.5~42インチ、キックスタンド付き)、キャリングハンドル付きデラックスボックス、入門ゲームパックSDKへのアクセス権、目標オプション

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください