『ブラス:ランカシャー』『ブラス:バーミンガム』日本語版、11月28日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

BrassLancashireJ.jpgアークライトは11月28日、『ブラス:ランカシャー(Brass: Lancashire)』『ブラス:バーミンガム(Brass: Birmingham)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・M.ワレスほか、イラスト・L.コセット&D.マンモリティほか、2~4人用、14歳以上、60~120分、各8200円(税別)。相互に独立したボードゲームで、混ぜてプレイすることはできない。

ウォーフロッグ社(イギリス)より2007年に発売された『ブラス』のリメイク。ロクスリー社(カナダ)が昨年、ルールを分かりやすくし、アートワークを一新して「ランカシャー(黒)版」として発売し、さらに新マップで「バーミンガム(白)版」も製作した。製品化にあたってはキックスターターで資金を集め、14000人が170万カナダドル(1億4000万円)を出資した。

BrassBirminghamJ.jpgどちらも1770~1870年、産業革命期のイングランドを舞台とした経済戦略ゲーム。運河と鉄道を敷設し、さまざまな産業施設を建設することで、自らの影響力の拡大を目論む。カードを出して、対応する都市に建物を作り、そこから線路を延ばしていくが、お金もかかり、借金も含めた資金繰りのマネージメントも求められる。

『ブラス:ランカシャー』は木綿や石炭が豊富に生産され、産業革命の中心地となったランカシャー地方(主要都市 マンチェスター、リヴァプールなど)が舞台。港、紡績工場、船、炭鉱、鉄工所を建設し、運河から鉄道の時代へと乗り遅れないで発展させる。

内容物:ゲーム盤 1枚、個人ボード 4枚、人物タイル 4枚、収入マーカー 4個 ・勝利点マーカー 4個 ・運輸タイル 56枚、産業タイル 148枚、カード 66枚、早見表 4枚、硬貨 77枚、トークン類 40個、仕切りタイル 1枚、ルール説明書 1冊、遠方市場マーカー 1個、遠方市場タイル 12枚(※カードサイズ 63.5mm×89mm)

BrassLancashireJ2.jpg

『ブラス:バーミンガム』は鉄鋼業を中心に「ブラック・カントリー」と呼ばれた重工業地帯ウェスト・ミッドランズ地方(主要都市 バーミンガム、バートン等)が舞台。窯元や醸造所といった新施設が登場し、新たな資源「ビール」が戦略のカギとなる。

内容物:ゲーム盤 1枚、個人ボード 4枚、人物タイル 4枚、収入マーカー 4個、勝利点マーカー 4個、運輸タイル 56枚、産業タイル 180枚、通常カード 64枚、ワイルドカード 8枚、早見表 4枚、硬貨 77枚、トークン類 63個、ルール説明書 1冊、商人タイル 9枚(※カードサイズ 63.5mm×89mm)

BrassBirminghamJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください