エアお絵描きで絵を伝える『エル・マエストロ』日本語版、11月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

elmaestroJ.jpgホビージャパンは11月中旬、フランスのお絵描きコミュニケーションゲーム『エル・マエストロ』日本語版を発売する。ゲームデザイン・V.フルカド、イラスト・S.エスカパ、3~8人用、8歳以上、30分、3000円(税別)。

オリジナルはティキ出版(カナダ)から今春発売された作品。親の「エアお絵描き」を見て、親が見た絵を再現するというお絵描きゲームだ。

プレイヤーの1人が「マエストロ」となって、自分が見た絵を、オーケストラの指揮者のように指先で空中に絵を描き、ジェスチャーで組み合わせる。絵にタイトルはないが、サルとバナナ、ボウリングピンとボールというように2つのものが描かれている。

ほかのプレイヤーはそれを見て自分の用紙にできるかぎり同じ絵を描き、それを再現します。描き終わったら、各プレイヤーは自分の描いた2つの絵それぞれに名前を付ける。この名前がもともとの絵と一致しているかによって得点が入るほか、絵の完成度でも芸術点が加えられる。

正解者がいればマエストロも得点し、4ラウンドで合計得点を競う。エアお絵描きの伝わらなさを楽しむコミュニケーションゲームだ。

内容物:イーゼル、作品カード、回答用紙、鉛筆、ゲームのルール

elmaestroJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください