砂漠を緑化して庭園に『イシュタル:バビロンの庭園』日本語版、10月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ishtarJ.jpgホビージャパンは10月下旬、『イシュタル:バビロンの庭園(Ishtar: Gardens of Babylon)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・B.カタラ&E.シン、イラスト・ビブーン、2~4人用、14歳以上、45分、5600円(税別)。

イエロ社(フランス)が今夏発売したタイル配置ゲーム。古代王国の国王の命により、庭師となって砂漠の真ん中に伝説の空中庭園を作ることを目指す。噴水を使って植生を増やし、花壇に花を咲かせ、樹木を植えてバビロンで一番の庭師を目指す。

ボードは六角形の砂漠ボードを組み合わせて作り、宝石があちこちに置かれている。自分の手番には植生タイルを配置し、置いた場所の宝石を取る。宝石を使って樹木カードを手に入れたり、技能を開放させたりできる。

ライバルより先に宝石を手に入れ、徒弟を雇って花壇に送り込み、ライバルの庭園が広がるのを封じ、どんなアップグレードを購入するか考えよう。『キングドミノ』でドイツ年間ゲーム大賞を受賞したカタラの最新作に注目だ。

内容物 プレイヤーボード4枚、地形ボード6枚、絨毯ボード1枚、植生タイル42枚、開花トークン8枚、樹木カード26枚、カップタイル6枚、樹木駒20個、噴水駒6個、宝石114個、助手駒16個、じょうろ駒1個、得点記録用紙1冊、ゲームの準備シート1枚

ishtarJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください