マイナスの動物を押し付け合う『おろかな牛』日本語版、11月23日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

クレーブラットは11月23日、ゲームストア・バネストと共同で、カードゲーム『おろかな牛(Blöde Kuh)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・F.ラッキー、イラスト・F.ビーゲ、3~6人用、8歳以上、15~25分、1800円(税込)。ゲームマーケット会場内ではクレーブラットまたはゲームストア・バネストのブースで購入できる。

ドライハーゼン(ドイツ)から2018年に発売された作品。これまで輸入版が国内流通していたが、品薄になってきたため日本語版が製作されることになった。ダメな家畜を引き取らないようにするゲーム。

各自9枚の動物カードをもってスタート。自分の番には、カードを1枚場に出し、動物の種類によってカードを引かせたり、自分が引いたり、となりの人にカードを回したりする。あるいは同じ動物を2枚出したら、失点になるカードがプレイヤー間を回る。パスしてカードを引くことも可能。

誰かの手札がなくなったらラウンド終了で、残り手札の多い人に失点があり、これを3ラウンド繰り返して失点の少ない人が勝ち。

失点になるカードは強制的に左隣に移っていくため、自分が出したカードで自分のところに回ってくることも。手札をなくすのがいいか、パスしてタイミングを伺うか、それともアクションで引っ掻き回すか。ライトなプレイ感ながらもドラマチックな作品だ。

ゲームストア・バネスト:おろかな牛 日本語版

bloedekuh.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください