正解にたどり着けないイラストのヒント『ダニー』日本語版11月23日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

すごろくやは11月23日、ゲームマーケット2019秋にコミュニケーションゲーム『ダニー(Dany)』日本語版を発売した。ゲームデザイン・P.ヴィズカーロ、イラスト・A.バイヤルジョー、3~8人用、16歳以上、20~30分、2400円(税別)。

多重人格に苦しむダニーの頭の中に住むいろいろな副人格が各プレイヤーの役割。交代で抽象記憶像カードを何枚か自由に組み合わせてお題を当ててもらうが、中に1人だけ、ひそかに不正解への誘導を目論む主人格ダニーがいる。そのダニー役は誰なのかを探し出すカードゲームだ。

イラストはシンプルで曖昧なため、副人格のプレイヤーのヒントもダニーに思えてくる。病んだ精神世界を表すような白と黒を基調としたコンポーネントと、夢に出てきそうな大人な記憶像のイラストもポイントの大人向けカードゲームだ。

すごろくや:ダニー

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください