モーセル×ローゼンベルク『ノヴァルナ』日本語版、12月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは12月中旬、タイル配置ゲーム『ノヴァルナ(Nova Luna)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・U.ローゼンベルク&C.ファン・モーセル、イラスト・L.ジーグモン、1~4人用、8歳以上、30分、4000円(税別)。

『コテージガーデン』『インディアンサマー』『スプリングメドウ』とローゼンベルクのパズル三部作を発売したシュピールヴィーゼ出版(ドイツ)が再び、ローゼンベルクのパズルチックなタイル配置ゲームを発売する。原案はモーセルがクワリ(オランダ)から発売した『ハビタッツ』で、ローゼンベルクのヒット作『パッチワーク』のタイルの取り方を組み合わせている。

タイトルは「新月」の意味で、新月から満月に移り変わる月時計を回ってタイルを獲得する。月時計の周辺にはさまざまなパターンのタイルが置かれてあり、自分のタイルにはコマを3歩まで進めてタイルを獲得し、そのコストだけ月時計の時間を進める。この時間が一番進んでいないプレイヤーが、常に手番を行う(『パッチワーク』方式)。

獲得したタイルには「周囲に青いタイルが2枚」「赤と黄のタイルが1枚ずつ」といったタスクがあり、これを満たすようにタイルを並べると、そのタスクの上に自分のマーカーを置くことができる。こうして自分のマーカーを全て、最初に配置できたプレイヤーが勝利となる。タイルは、同じ色が連続していればタスクの達成に利用でき(『ハビタッツ』方式)、これを利用して効率よくタスクを達成していく。

2人の有名デザイナーのメカニズムが絶妙に融合した作品で、タイルの選択と効率の良い配置をめぐって、簡単なルールながらもやり込みがいのあるゲームだ。

内容物:月時計ボード1枚、月コマ1個、タイル68枚(4色×17枚)、マーカー84個(4色×21個)、ルールブック1部

novalunaJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください