マーダーミステリー専門店「Rabbithole」3号店、池袋に12月9日オープン

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ミスティブは12月9日、マーダーミステリー専門店「Rabbithole(ラビットホール)」3号店を東京・池袋にオープンする。JR池袋駅北口徒歩1分、平日14:00からと19:00から、土日祝13:00からと18:00からの2回公演。1人1回4000円(税込)、予約制。

マーダーミステリーは、殺人などの事件が起きたシナリオが用意され、参加者は物語の登場人物となって犯人を探し出す(犯人役の人は逃げ切る)ことを目的として会話を進めるゲーム。それぞれの役柄のバックボーンや事件当日の行動などが用意されており、推理小説の世界に入ったような体験ができる。専門店として新宿、渋谷に続く3号店のオープンとなる。

こけら落とし公演は京都のボードゲーム制作チーム「HOX」がゲームマーケット2017神戸で発表した犯罪経営ゲーム『CESSPOOL』をもとにしたミステリー『SUN DOG -幻日は夜明けに沈む- CESSPOOL THE MURDER MYSTERY』。プライベートホテルから著名人や富豪の死体が見つかったが、関係者の誰もが口をつぐみ、事件は忘れ去られていた。しかしこの事件が引き金となって街は「セスプール(悪の掃き溜め)」となっていく。殺人事件の真犯人と共に、内部に潜入した捜査官を特定しなければならない。投票によって異なる結果が待っている。

1回9~10名での公演で、所要時間は3時間30分。予約はウェブサイトから。

マーダーミステリー専門店 Rabbithole 池袋店予約サイト

ミステリースペース Rabbithole池袋店
東京都豊島区西池袋1-32-8 青木ビル8F

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください