ブルクハルトのトリテ日本語版『地下迷宮と5つの部族』11月23日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

数寄ゲームズは11月23日、ゲームマーケット2019秋にて、トリックテイキングゲーム『地下迷宮と5つの部族』を発売する。ゲームデザイン・G.ブルクハルト、イラスト・別府さい、3~5人用、10歳以上、30分、2000円(税込)。

オリジナルは2000年、ベルリナーシュピールカルテン社から発売された『命中(Volltreffer)』。アラカルトカードゲーム賞4位。当時はメビウスゲームズが日本語ルール付きで輸入版を取り扱っていた。テーマのないカードゲームだったが、日本語版に際してダンジョン探険のテーマが乗せられた。

毎ラウンド、ボードの横に冒険者カードがコスト付きで並べられ、持ち点(ダンジョンの深度)を減らして入手する。こうして入手した冒険者カードで、同じランク(数字)や全色セットを作って得点した後、切り札あり・マストフォローのトリックテイクを行う。獲得したトリック1つにつき5点が入り、次のラウンドへ。

これを繰り返して、誰かが61~70点の階に入ったらゲーム終了。そのとき複数のプレイヤーがこの階にいれば、66点に最も近いプレイヤーの勝利となる。

序盤はセットを作って高得点を狙うが、終盤になると66点ちょうどを目指して得点調整の駆け引きが始まる。その変わり目をうまく読み、ほかのプレイヤーの動向にも注意して、ダンジョンに眠る宝を目指そう。

volltrefferJ.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください