JavaScriptを有効にしてください。
Please enable JavaScript!
antiblock.org

大樹の下で街づくり『エバーデール』日本語版1月9日発売 - Table Games in the World - 世界のボードゲーム情報サイト

大樹の下で街づくり『エバーデール』日本語版1月9日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

everdellJ.jpgアークライトは1月9日、『エバーデール(Everdell)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・J.A.ウィルソン、イラスト・A.ボスレー&D.メイ、1~4人用、13歳以上、40~80分、7800円(税別)。

スターリング・ゲームズ(アメリカ)が2018年に発売した作品。キックスターターで資金が集められ、6775人が47万ドル(5200万円)を出資した。大樹の下のエバーデール谷で、森の動物たちが新しい街を開拓する。

手番にはワーカープレイスメントで果実や樹液などのリソースと、さまざまな能力を持つ「動物カード」や「建物カード」を手に入れ、コストを支払ってカードをプレイする。カードは自分の前に5×3で並べられ、街を形成する。手元のコマがなくなったら季節を変えて、次の季節を始める。季節は冬から春、夏、秋と移り、全員が秋まで行ってゲーム終了。得点計算を行って勝者を決める。

128枚のカードはさまざまな特殊効果があり、コンボを作ることでさらにリソースを手に入れやすくなったり、得点を増やしたりしていく。プレイするたびに新しい組み合わせを楽しめる。

カードコンボだけでなく、存在感たっぷりの「永遠の樹」や美麗なイラストで表現される世界観も魅力的な作品だ。

内容物:動物&建物カード 128枚 (63×88mm)、勝利カード 1枚 (63×88mm)、特殊イベントカード 16枚 (44×63mm)、森カード 11枚 (63×44mm)、果実トークン 30個、小枝トークン 30個、樹液トークン 25個、小石トークン 20個、勝利点トークン 30個、扉トークン 20個、労働者コマ 24個、基本イベントタイル 4枚、8面体ダイス 1個、ゲーム盤 1枚、永遠の樹 1セット、ルール説明書 1冊

everdellJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください