マカオ(Macao)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

飛び出すダイスで勝負

macao-ravens.jpg

エッセンの中古屋さんで見つけてきたラベンスバーガーの飛び出すダイスゲーム。2つのゲームが楽しめる。

「小マカオ」は親が5つの穴のうち、3つの穴にダイスを1個ずつ、1つの穴にダイスを2個入れる。手番プレイヤーは、どこかを選んで押すと、ダイスが入っていれば飛び出す。3ヶ所まで挑戦でき、合計が12以下でできるだけ大きくなるようにする。その結果を受けて親が、残ったところからダイスを飛ばして、12以下でその結果を上回るようにする。

ダイスが入っていないところを押すとペナルティ。気合を入れて押したらハズレだったり、ぎりぎりのところでダイスが2個飛び出してバーストしたりして盛り上がった。

「大マカオ」は5つの穴に書いてある数字が倍率(1~10)となる。親が全部のダイスを飛ばして倍率をかけ、基準点を設定。各プレイヤー(親も含む)はこれをオーバーしない中で、できるだけ大きい数字を出すことを目指す。

倍率10のところから、だんだん小さくしていって目標に近づける感じはゴルフのようだ。確率を考えて確実なところを攻めるか、一か八かを狙うかも悩ましい。

ボタンを押すとダイスが飛び出すギミックがドキドキさせる仕掛けとなっている。

Macao
ゲームデザイン・M.デヴィソン/ラベンスバーガー(1982年)
2~5人用/9歳以上/30分

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください