目隠しでルートを手探り『ニュクトフォビア』日本語版、1月16日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトゲームズは1月16日、『ニュクトフォビア(Nyctophobia)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・C.スティッペル、3~5人用、9歳以上、30~45分、4800円(税別)。

オリジナルはパンダザウルスゲームズ(アメリカ)から2018年に発売された。真っ暗闇の森の中で、追いかけてくる殺人鬼から逃れることを目指す協力型生き残りゲーム。タイトルは「暗闇の恐怖」の意味。

1人のプレイヤーが殺人鬼役となり、残りのプレイヤーを追いかけ、ライフをゼロにすることを目指す。殺人鬼以外のプレイヤーは暗闇メガネをかけてプレイし、ゲームボードの地形が分からない。ゲームボードは立体の柵をはめこんで作られており、手探りで逃げ道を探り、警察が到着するまで生き残ることを目指す。

盤上のコマは殺人鬼役のプレイヤーがGMとなって管理し、ほかのプレイヤーが隠れたり、石を投げたりするたびにボード上の位置によって判定する。こうした行動によって殺人鬼をかわし、自分の位置を推理していく。殺人鬼と隣接するマスに入ったら戦闘。ライフを失うだけでなく、石を投げて反撃もできる。

車に戻って警察を呼び、1ラウンド生き残ればプレイヤーの勝ち、その前に1人でもライフ0になれば殺人鬼の勝ちとなる。暗闇の恐怖をリアルに味わえる作品。

内容物:ゲーム盤 1枚、暗闇メガネ 4本、逃走者コマ 4個、殺人鬼コマ 1個、樹木マーカー 37個、石つぶてマーカー 7個、殺人鬼負傷マーカー 1個、HPトークン 11個、騒音マーカー 1個、車 1台 、キャラクターカード 6枚 、逃走者特定カード 4枚、狂人カード 12枚、魔術師カード 12枚、方角カード 4枚、ルール説明書 1冊(※カードサイズ:63mm×88mm)

nyctophobiaJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください