3つの拡張を1つに『ライジングサン:日月神妖譚』日本語版、2月発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

risingsum3expJ.jpgアークライトゲームズは2020年2月、『ライジングサン:日月神妖譚(Rising Sun:Great 3 Expansions)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・E.M.ラング、イラスト・A.スミス、3~6人用、14歳以上、90~120分、16000円(税別)。プレイするには『ライジングサン』基本セットが必要。

昨年11月に日本語版が発売された『ライジングサン』の拡張セット。2018年に発売された3つの拡張「百鬼夜行(Monster Pack)」「神祇降臨(Kami Unbound)」「陰陽来襲(Dynasty Invasion)」を1つにまとめた。日出処(ライジングサン)の覇権を目指して大陸の氏族たちが繰り広げる戦に、新たな要素が加わる。

火竜・女郎蜘蛛・人面樹など固有の力をもつ新たなる妖(あやかし)、富士・船の季節カード、6人までプレイできる「大日」と「太陰」の2氏族を追加。また、竜神・アマテラス・ツクヨミなど日出処の神々が権能をふるい、各社に最大戦力を配置している氏族に与して直接参戦するようになる。

いずれの拡張もCMON社が得意とする精巧なミニチュアフィギュアが入っており、色を塗ってプレイする楽しみ方もできる。

内容物:ミニチュアコマ(プラスチック製)38体、ミニチュア用カラーベース 27個、氏族ついたて 2枚、氏族マーカー(プラスチック製)4個、季節カード 41枚(57×88mm) 神祇カード 7枚(70×120mm)、政/戦タイル 1枚、トークン 10個、ルールブック 1冊



コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください