ボードゲームカフェバー:2019年の新規開店は45件

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

2019年に新規開店したボードゲームカフェバーは41件だったことが、当サイトの調査で明らかになった。3年連続で40件以上を維持しているが、閉店も増えてきている。

調査は当サイトのほか、ボードゲームカフェパスvol.4とAllGamers 4号の情報を反映。カラオケルーム、宿泊施設、人狼ルームやマーダーミステリールームなどを除き、お店の自称に基づいてボードゲームカフェバーとプレイスペースに分けてカウントした。

その結果、昨年新規開店したボードゲームカフェバーは45件、プレイスペースは24件。合計69件は過去3年間で最も低いが、ボードゲームカフェバーに限れば高い水準を維持している。

一方、昨年に閉店またはボードゲームを取り扱わなくなったボードゲームカフェバーとプレイスペースは合計14件(うちボードゲームカフェバーは9件)と過去最高を更新(2018年は13件)。ラーメン店の平均寿命は2.4年 という話があるが、売り上げがなかなか上がらない状況も見て取れる。

2020年1月現在のボードゲームカフェバーは日本全国で169、プレイスペースは118件、ボードゲームも遊べるカフェバーは39件。合計すれば、有料でボードゲームが遊べる場所は326件存在する。随時更新中のリストはこちら (開店・閉店情報をお寄せください)。

cafe-ps-open2019.jpg

追記:この記事を執筆した時点では新規開店は41件だったが、その後新たに開店していた店舗が見つかり、2020年2月時点で45件となった。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください