カタン日本選手権2020、全国10ヶ所で地区大会開催

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ジーピーは18日、今年のカタン日本選手権の概要を発表し、参加受付を開始した。4月5日の東海地区大会(静岡)を皮切りに、6月まで全国10ヶ所で地区大会が行われ、上位入賞者で7月、世界大会日本代表の座をかけてファイナルが繰り広げられる。

今年の地区大会は札幌、宮城、東京、静岡、愛知、石川、大阪、広島、香川、福岡の10ヶ所。居住地に関わらず3地区大会まで出場できる。参加者全員に記念品が贈られるほか、上位入賞者は7月5日に東京で開かれるファイナル東京大会に往復交通費一部補助ありで参加できる。

さらに今年は2年に1度の世界選手権が開かれる年となっており、ファイナル東京大会の優勝者は秋から冬にマルタで開かれる世界選手権に、日本代表として出場する資格を得る。

参加費はどの地区大会も1人1000円。申込みは下記フォームからで、先着順となる。

また、6月7日に東京・両国の国際ファッションセンターで行われる東日本地区大会では、併せて第1回「カタンまつり」が開かれる。世界のカタン製品展示即売や、カタン映像の上映など、誰でも参加できるファンイベントとなる。

2020カタン日本選手権

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください