EXIT 脱出:ザ・ゲーム 『オリエント急行の死者』『呪われた屋敷』『沈んだ財宝』日本語版、2月21日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

グループSNE/cosaicは2月21日、謎解きゲーム『EXIT 脱出:ザ・ゲーム』シリーズの新作『オリエント急行の死者(Der Tote im Orient-Express)』『呪われた屋敷(Das Haus der Rätsel)』『沈んだ財宝(Der versunkene Schatz)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・I.ブラント&M.ブラント、イラスト・F.フォーヴィンケルほか、1~4人用、12歳以上、60~120分、各2500円(税別)。

exit789J.jpg

ドイツ年間エキスパートゲーム大賞を受賞したシリーズで、『荒れはてた小屋』『ファラオの玄室』『秘密の実験室』『北極の調査基地』『忘れさられた島』『禁断の城塞』に続くシリーズ第7~9弾として、2017年秋に発表された。

『オリエント急行の死者』(難易度:上級)は、豪華寝台列車オリエント急行で殺人事件に出くわす。列車がイスタンブールに到着して犯人が"脱出"してしまう前に、8人の容疑者の中からこれという人物を特定することはできるだろうか。

『呪われた屋敷』(難易度:中級)では久しぶりの休暇をゲーム三昧で楽しむためやってきた街外れで、ひょんなことから隣の屋敷に足を踏み入れ、閉じこめられてしまう。謎めいたこの屋敷の主人が用意した"ゲーム"のコマとなったプレイヤーは、次々と迫りくる危険をかわし、脱出への糸口を見つけなくてはならない。

『沈んだ財宝』(難易度:初級)は伝説の財宝が眠ると噂されている海底に沈む〈サンタ・マリア〉号への探索に乗り出す。一攫千金を目指し、準備万端整えたものの、おかしな事故が相次ぎ、ついには海底深く閉じこめられてしまう。酸素が尽きる前に、財宝を見つけて脱出することはできるだろうか。

いずれも奇妙な本と円盤を駆使し、そこに現れた数字のカードを見ることでゲームが進行するようになっている。難易度やシチュエーションに合わせて、遊びたいものを選ぼう。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください