『ヘブン&エール:樽生お届け便』日本語版、3月5日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

heavenandalebkJ.jpgアークライトゲームズは3月5日、『ヘブン&エール:樽生お届け便(Heaven & Ale: Der Bierkutscher)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・M.キースリング&A.シュミット、イラスト・、2~4人用、14歳以上、60~90分、3500円(税別)。プレイするためには『ヘブン&エール』が必要。

2018年のドイツ年間エキスパートゲーム大賞にノミネートされた修道院ビール醸造ゲームの拡張セット。オリジナルは昨秋に発売された。酒場で修道院ビールを待ち望んでいる人たちにビールを届けよう。

何年もの試行錯誤と研鑽によって、修道院ビールは次第に名声を獲得し、地元の有名な酒場からも注文が舞い込むようになった。そこで需要に的確に応えるべく、ビールづくりの腕以外にも、醸造の計画性や需要の予測といった販売戦略も求められる。修道士たちにとって全く新しい挑戦の始まりである。

今度は質の高いビールを醸造するだけでなく、生樽を計画的に用意し、貯蔵し、馬屋・馬草・荷車を手配して、ビールを配達しなければならない。新しい要素を加えて、より深く楽しめるようにした作品だ。

内容物:配達ボード 4枚、ボーナスタイル28個、生樽32個、馬草20個、荷車ダイス1個、荷車4台、新しい発酵樽タイル 1枚、新しい熟成樽タイル 1枚、ルール説明書 1冊

heavenandalebkJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください