万博に注目の発明を出品『クリスタルパレス』日本語版、2月14日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

テンデイズゲームズは2月14日、『クリスタルパレス(Crystal Palace)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・C.ラウバー、イラスト・A.アレマーノ、2~5人用、14歳以上、90~150分、7000円(税別)。

フォイヤーラントシュピーレ(ドイツ)から昨秋発売された作品。1851年にロンドンで開催された第1回万国博覧会を舞台に、各国が名声を競うダイスワーカープレイスメントゲーム。スカウトアクションで『ザ・クルー』に次いで2位につけた。

ダイスは振るのではなく、各ラウンドのはじめに秘密裏に目を決める。ダイス目が大きいほど優位だが、目の合計数がコストになるため、バランスの取れた選択を迫られる。ここぞというときには借金もできる。

こうして目を決めたダイスを8箇所のアクションスペース(特許事務所、リフォームクラブ、ロンドン・タイムズ、ポートオブロンドン、ワーテルロー駅、大英博物館、英国銀行、ウェストミンスター)に置き、材料・特許・頭脳を集めて試作品を製作する。

試作品は得点やさまざまな効果をもたらし、関連する人物がいることで強化される。どんな試作品を作るかもその後の方向性を定めるだろう。

フィリアス・フォッグ、レヴィ・ストロース、アメーリア・エドワーズなどの人物が登場し、考える機械、ビールグラスカウンター、気候変換器など一風変わった発明品を作る。多くの選択を積み重ね、万博で栄光を勝ち得る国はどこだろうか。

テンデイズゲームズ:クリスタルパレス link

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください