私が一番小さい?『カーボ』日本語版、4月16日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

caboJ.jpgアークライトゲームズは4月16日、『カーボ―まぼろしのユニコーンをさがして―(Cabo)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・M.ヘニング&M.ライムズ、イラスト・A.ムキート、2~4人用、8歳以上、45分、1600円(税別)。

オリジナルはイーヴンタイドゲームズから2010年に発売された作品。ユニコーンのテーマを乗せてベジエゲームズ(アメリカ)が2018年にリメイクした。トランプのルール「ゴルフ」をベースにしたカードゲームで、かわいくて臆病なユニコーン"カーボ"に最も近づくことを目指す。

毎ラウンド、プレイヤーは手札として数字の書かれたカード4枚を配られるが、一部は内容を確認することができない。そこで手番にカードを交換したり、特殊能力カードを使用して相手の手札をのぞき見たりしながら、推理とハッタリで互いの手札の合計値を予測する。

caboJ2.jpg自分の手札の合計値が、皆で最も小さいと思ったら「カーボ!」宣言。予想が正しければ失点ゼロ。外れていれば合計値に加えて10点のペナルティーがある。ほかのプレイヤーも手札の合計値だけ失点になる。誰かが規定点に達するまでプレイし、合計値の最も少ないプレイヤーが勝利する。

手軽に心理戦が楽しめ、意外な結末に盛り上がれるカードゲームだ。

内容物:ゲームカード 52枚(※カードサイズ:63.5mm × 88.9mm)、早見表カード 4枚、メモパッド 1冊、ルール説明書 1枚

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください