タマゴを落とさずアクション『クレイジーエッグ』日本語版、4月23日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

crazyeggzJ2.jpgアークライトゲームズは4月23日、『ロベルト・フラガのクレイジーエッグ―タマゴ収穫狂騒曲―(Crazy Eggz)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・R.フラガ、アートワーク・C.マット&I.パロヴェル、2~4人用、7歳以上、15分、2400円(税別)。

ハバ社(ドイツ)から2003年に発売された『ダンシング・エッグ』を、ハッピーバオバブ社(韓国)が2018年にリメイク。手番制から同時プレイになり、激しいアクションをなくして遊びやすくなった。

タマゴを1個、スタンドに乗せてスタート。サイコロを振って「コケコッコーという」「タマゴを取る」「サイコロを取る」「片手を上げ片手を下げる」という指示が出たら、一番早く反応してアクションを行ったプレイヤーはタマゴを1個獲得。別のサイコロの目で指定された「脇の下」「肘の内側」「首と肩の間」「顎の下」「膝の間」に挟み込まなければならない。

一方、「唇に人差し指を当ててシッという」「タマゴに触れる」の目が出たら、一番遅かった人がタマゴを返す。また、ストックのタマゴが全部なくなった場合は、全員が一回転してタマゴを落とさないようにチャレンジする。

タマゴを獲得すればするほど、落とさないようにしてみんなのポーズはどんどん変なものになっていく。さらにブルーのタマゴはほかのタマゴより重くて固く、落としやすくなっている。5個のタマゴを抱えて「コケコッコー」と勝利の声をあげよう。

内容物:オレンジのタマゴ 9個、ブルーのタマゴ 1個、タマゴ・スタンド 1個、アクション・ダイス赤 1個、カラダ・ダイス白 1個、ゲームの箱(タマゴケース) 1個、ルール説明書 1冊

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください