カード2択で文明発展『ハダラ』日本語版、4月9日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

hadaraJ.jpgアークライトゲームズは4月9日、『ハダラ(Hadara)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・B.シュヴェア、イラスト・D.マイアー、2~5人用、10歳以上、45~60分、5800円(税別)。

オリジナルは昨春、ハンス・イム・グリュック社(ドイツ)から発売された。『リビングストン』『エマラの王冠』の作者によるミドルクラスの文明発展ボードゲームで、国際ゲーマーズ賞にノミネートされている。日本語版は、パッケージを刷新した第2版に基づく。

タイトルはアラビア語で「文明」の意。各プレイヤーは文明の指導者となって、3つの時代にわたって最も繁栄した文明を築くことを目指す。ホイールで指定された軍事、文化、食料、経済などの文明カードの山札から2枚を引き、1枚を捨て、もう1枚を購入するか売却してゲームを進める。

捨てられたカードも、後で改めて購入するか売却するかを選択するタイミングが訪れるため、手元だけでなく捨てられたカードも見て、方針を計画していかなければならない。きらびやかな芸術の国か、高い経済力を有する大国か、はたまた強大な軍事国になるかはあなたの采配次第だ。

内容物:文明カード 162枚、準備カード 5枚、概要シート 5枚、国力コマ 20個(各色5個)、コイントークン 62個、ボーナストークン 40個、10点トークン 48個、植民地タイル 25枚、金のメダルトークン 10個、ゲーム盤 1組、個人ボード 5枚、スコアシート 1束、ルール説明書 1冊(カードサイズ 44×67.5mm)

hadaraJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください