KinKi Kidsのブンブブーンでボードゲーム

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

本日11時からフジテレビ系列で放送されたバラエティ番組「KinKi Kidsのブンブブーン」で、KinKi Kidsのふたりがゲストの永野芽郁氏、高嶋政伸氏とボードゲームを遊んだ。

「世界各国でめちゃめちゃいろいろなボードゲームが出ているらしいですよ」(堂本剛)「モノポリーとかやりたくなって」(高嶋)「最近おうちから出なくなったので、おうちでできる遊びを知りたいなと思って」(永野)などと言いながら一同が向かった先はJELLY JELLY CAFE 渋谷店。900種類以上のゲームが楽しめるという。

店長の説明のもと、4人でバランスゲーム『ノアの箱舟』、早口ゲーム『トマトマト』、演技ゲーム『ベストアクト』の3タイトルをプレイ。いずれも盛り上がりどころ満載で、出演者のキャラクターも立っており、テレビ映えする内容だった。『ノアの箱舟:船を揺らさないで!』は現在各店で在庫僅少だが、『トマトマト』と『ベストアクト』は入手しやすい状況。

永野氏の「最近お家からでなくなったので」は、新型コロナウィルスの影響でさまざまなイベントが中止・延期になっていることを受けている。全国小中高校が今月休校措置になっており、ボードゲームの売上が伸びていることを、トイザらスや銀座博品館の担当者が明らかにしている。東日本大震災直後にも、節電ブームのもとボードゲームが脚光を浴びたことがある。

フジテレビ:KinKi Kidsのブンブブーン
FNN Prime:外出自粛で"売り上げ急増" 勉強も遊びも自宅で...
カナロコ:広がる〝巣ごもり〟消費 臨時休校で特需

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください