マーダーミステリーゲーム『人狼村の祝祭』『ダークユールに贖いを』4月24日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

グループSNE/cosaicは4月24日、マーダーミステリーゲーム『人狼村の祝祭』(ゲームデザイン・桜井理人&秋口ぎぐる、アートワーク・タンサン、7~8人用、15歳以上、120分)と、『ダークユールに贖(あがな)いを』(ゲームデザイン・友野詳、7~9人用、15歳以上、180分)を発売する。アートワーク・タンサン、各3200円(税別)。

昨秋発売された『九頭竜館の殺人』『何度だって青い月に火を灯した』に続くパッケージ型オリジナルマーダーミステリーシリーズ第3弾・第4弾。前者は『九頭竜館の殺人』を担当した秋口ぎぐる氏と税理士も務める桜井理人氏がコラボ。後者はTRPG作家・小説家の友野詳氏が制作した。

twilightwolves.jpg

『人狼村の祝祭』は人狼伝承の残る小さな村が舞台。古から続く祝祭の翌朝、旅の商人の死体が発見された。死体はおぞましくも殴られ、毛髪をむしられ、喉の肉をえぐられていた―あたかも人狼に襲われたかのようである。村では2か月前にも鍛冶屋の妻が同様の死体となって発見されている。これは本当に人狼の仕業なのか? 王都から派遣された騎士はどこに消えた? なぜ占い師がふたりいる......?
大阪のマーダーミステリー専門店「フーダニット」で公演されているシナリオがいよいよ製品版となる。

darkyule.jpg

『ダークユールに贖いを』は十年に一度、北の果ての町で開催される吸血鬼の大集会で事件が起こる。人間たちをいかに扱うかで、吸血鬼たちは2つの派閥に分かれ、対立の緊張が高まっていた。そして、暗く長いダークユール=冬至の夜、大集会開幕直前に黒く焦げた死骸が見つかった。派閥いずれかのナンバー2である吸血鬼が滅ぼされたのだ。被害者はどちらか? 睨みあう上位の吸血鬼たち。秘めた目的のため、事件解決に挑む新参者たち。見え隠れするヴァンパイアハンターの罠。そして、遠い過去からよみがえる旧き吸血鬼の影。贖罪を果たしたのは誰なのか......?もつれあう愛憎の糸をほどき、真相に至ることは果たして......。

MYSTERY PARTY IN THE BOX 公式サイト

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください