鳥居をたくさんくぐって『千本鳥居』日本語版、4月9日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

SenbonToriiJ.jpgアークライトゲームズは4月9日、『千本鳥居(The One Hundred Torii)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・S.カプート&E.バラフ、イラスト・V.デュトレ、1~4人用、8歳以上、45分、4500円(税別)。

ペンシルファーストゲームズ(アメリカ)がキックスターターで資金を集めて今年製品化したばかりの日本テーマのタイル配置ゲーム。1100人が58000ドル(600万円)を出資した。美しくも神秘的な日本庭園を作り、途中で出会う旅人の協力を得て、数多くの鳥居をくぐって勝利点を競う。

手番にはタイル1枚を場に出し、タイルに描かれた名所トークンを1つ獲得する。さらに、始点となる中央のタイルから配置したタイルまでの道筋にある赤い鳥居の数だけ同じ種類の名所トークンを、青い鳥居の数だけ異なる種類の名所トークンを獲得できる。名所トークンは組み合わせて、他の旅人から協力を得たり、勝利点を増やしたりしていく。

他のプレイヤーの狙いを阻みつつ高得点を獲得できる道筋を見出し、旅人の能力によって状況を逆転させるところに駆け引きやドラマが生まれる。

また、ソロゲームとして強力なライバル「おナツさん」と勝負するルールも収録。V.デュトレによる美麗なグラフィックで、神秘的なゲームの世界をさらに鮮やかに描き出す。

内容物、スタートタイル 1枚、庭園タイル 42枚、名所トークン(小) 120個、名所トークン(大) 24個、銭貨トークン 8枚、旅人トークン 20個、囲い地トークン 4個、達成トークン 10個、侍&歌人コマ 2個、早見表 2枚、ソロゲーム用ボード 1枚、ルール説明書 1冊

SenbonToriiJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください