写真をトレースして「これ何だ?」『デカルコ』日本語版、5月21日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

dekalkoJ.jpgアークライトゲームズは5月21日、写真をなぞるお絵描きゲーム『デカルコ フラガとデカドのトレースマスター(Dekalko)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・S.デカド&R.フラガ、イラスト・、3~6人用、8歳以上、30分、3500円(税別)。

フランスのゲームデザイナーコンビがデザインし、ハッピーバオバブ社(韓国)から昨年発売された作品。スリーブに写真カードを入れてペンでなぞり、写真カードを外して何を描いたか当ててもらう。

写真カードをスリーブから取り出すとあら不思議。慌ててなぞった絵は「えぇ、どうしてこうなったの?!」「そんなのわからないよ!」とプレイヤーは混乱させるばかり。さあ、特徴的な部分を描き出して当ててもらうことはできるだろうか。

早く描きあげるほど、当ててもらったときの得点も高くなるので、手早く描きあげたいところだが、急ぎすぎると何を描いたか分からなくなってしまう。絵が苦手でも安心して楽しめるが、どこをなぞるかセンスが問われるお手軽なお絵描きゲームだ。

内容物:写真カード 100枚(両面仕様)、カードスリーブ 6枚、台紙カード 6枚、ペン 6本、スポンジ 6個、得点ボード 1枚、ルール説明書 1冊(カードサイズ:136mm×136mm)

dekalkoJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください