『放課後さいころ倶楽部』第16巻発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

小学館は10日、月刊少年サンデー「ゲッサン」連載のボードゲームコミック『放課後さいころ倶楽部』第16巻を発売した。作・中道裕大、630円(税別)。

アニメ化もされた、ボードゲームを通した女子高校生の青春物語。毎回ボードゲームが1タイトルずつ登場し、そのゲームを通じたドラマが描かれる。今回は第87~91話で、昨年から話題のマーダーミステリーが4話にわたって登場する。新作マーダーミステリーのテストプレイのために集められたミキたち。どんなストーリーと結末が待ち受けるのか? ミステリー仕立てで、登場人物と一緒に犯人を推理して楽しめる。

また『かたろーぐ』をきっかけにアノ女の子とアノ男の子の恋愛が発展する91話も注目。

単行本でボードゲーム紹介コーナーを担当している「すごろくや」で恒例の作者サイン入りイラストカードプレゼントは、1週間ほど遅れるとのこと。

放課後さいころ倶楽部公式サイト

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください