遺産の土地をオークション『パピー・ウィンチェスター』日本語版、5月14日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

pappywinchesterJ.jpgアークライトゲームズは5月14日、オークションゲーム『パピー・ウィンチェスター(Pappy Winchester)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・J.ピンジェ、イラスト・S.オーブラン、3~5人用、8歳以上、40分、3600円(税別)。

オリジナルはブルーオレンジゲームズ(フランス)から2019年に発売された作品。ウィンチェスターおじいちゃんの遺産である土地を競り落とし、最も多くお金を稼ぐことを目指す。

各自8000ドルと2つの目的カードをもってスタート。ボードには19の土地があり、ランダムに競りにかけられる。競り落としたプレイヤーはマーカーを置き、その土地のボーナストークンが発動し、土地の価値が決まったり、機関車や機関船が動いて収入が入ったり、酒場のお金を獲得したりする。

競り落とすのに支払ったお金は他のプレイヤーに等分に分配されるため、無駄使いするとほかのプレイヤーを利することになってしまう。さらに競りで負けたときに決闘トークンを使うと、2分の1の確率で奪うことができる。

競り落とした土地の組み合わせで目的カードを達成したら収入が入り、土地の最も多いプレイヤーは5000ドルを受け取る。

厚紙を組み立てて作る豪華な見た目の機関車や機関船もあり、リッチな雰囲気を満喫できるユニークなオークションゲーム。並みいる他の相続人を出し抜き、巨万の富を手に入れるのは誰か?

内容物:土地ボード 1枚、お札(額面$1000)110枚、帽子トークン 50個(10個×5色)、決闘トークン 5個、区画トークン 19個(数字1~19)、ボーナストークン 19個(3種類)、カード 30枚(※カードサイズ:65×100mm)、親マーカー 1個、競売マーカー 1個(要組立)、機関車 1両(要組立)、機関船 1艘(要組立)、組み立て方シート 1枚、ルール説明書 1冊

pappywinchesterJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください