『ウボンゴミニ』に三角形と六角形、5月22日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ubongotrigoJ.jpgジーピーは5月22日、『ウボンゴミニ:トライゴ(Ubongo Trigo)』と『ウボンゴミニ:エクストリーム(Ubongo Extrem Mini)』の日本語版を発売する。ゲームデザイン・G.レヒトマン、アートワーク・B.ヴァーゲンフェルト、N.ノイバウアー、1~4人用、7歳以上、20~30分、1200円(税別)。

おなじみの早解きパズルゲームが三角形と六角形になった。「トライゴ」はオリジナルが2012年に発売された三角形版で、指定されたタイルを2つの面に分けてピッタリ合うように組み合わせるところが新機軸。どのタイルを左側のパズル面に置き、どのタイルを右側に置くかに加えて、タイルは表と裏の両面が使えるため、パズルを解くのは容易ではない。難易度中級。

ubongoextremJ.jpg「エクストリーム(ミニ)」はオリジナルが2009年(大箱版は2007年)に発売された六角形版。こちらは四角形版と同じく1つの面にピッタリ合うように組み合わせるが、六角形になっていることで難易度が上がっている。難易度上級。

いずれも最初に解いたプレイヤーが「ウボンゴ!」と言い、大きな声でゆっくり20~30数え、その間に他のプレイヤーは続行できるというルールで、砂時計など追加のコンポーネントをなくしている。解けた人はカードを受け取り、獲得したカード枚数を競う。

難易度はどちらも2段階あり、難しい方はタイルの枚数が増える。問題は合計64問。タイムチャレンジの1人用ルールもあり、脳トレとしてもプレイできる。

ubongomini2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください