ボードゲームカフェ各地で支援募る

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

新型コロナウィルスの感染拡大で休業を余儀なくされている全国のボードゲームカフェ・プレイスペースが、存続を目指して支援を募っている。利用したことがある、または再開したら利用したいと思っているお店を応援しよう。

ボードゲームカフェは「三密」を徹底的に避けることが難しく、全国約150店舗が今年3月から休業に入り始め、4月の緊急事態宣言を経て1~2ヶ月近く休業したままとなっている。当初は連休明けまでとされた緊急事態宣言が5月末まで延長となり、店舗によって2ヶ月以上の休業になるところもある。

休業中であっても賃料や人件費は発生しており、神保町のアソビCafeは「1ヶ月ならマイナス150万円」(だて氏)、全国13店舗をもつJELLY JELLY CAFEグループは4月だけで「800万円以上の赤字」(白坂氏)だったという。融資を受けているお店もあるが返済の目処が立たず、存続の危機に瀕している。

数百万円、数十万円の赤字に対して千円程度の支援は焼け石に水かもしれないが、たとえ少額であっても存続の可能性は上がる。支援は単なる金銭面だけでなく、店舗関係者のモチベーションにも響くはずだ。

支援のかたちは再開したら使える前売りチケット・回数券・フリーパスの販売が主流。純粋な支援や、ボードゲーム・グッズ販売もある。JELLY JELLY CAFEの支援募集は、寄付を禁じるサイトの規約に抵触し停止していたが、ワンドリンクチケットの販売というかたちで本日より再開している。

各店の支援募集内容については、下記のサイトでまとめられている。

【新型コロナウィルスに負けないで】ボードゲームカフェやショップで支援を募集されているお店まとめ(翔さん)

ボードゲームカフェ&プレイスペース情報(ニコボド)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください