JavaScriptを有効にしてください。
Please enable JavaScript!
antiblock.org

開発地を読み切れ!『マカバナ』日本語版、7月16日発売 - Table Games in the World - 世界のボードゲーム情報サイト

開発地を読み切れ!『マカバナ』日本語版、7月16日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

makabanaJ.jpgアークライトゲームズは7月16日、南国のリゾート開発ゲーム『マカバナ(Maka Bana)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・F.アフネル、イラスト・J.オメトル&D.コシャール、3~6人用、10歳以上、45~60分、4800円(税別)。

オリジナルはティルシット出版(フランス)から2003年に発売された作品で、この度の日本語版はスイートゲームズ(フランス)による2013年版に基づく。プレイヤーはリゾート開発のプロジェクトリーダーとなり、南国の島の観光地開発を競う陣取りゲーム。

毎ラウンド、自分が開発したい地所を選び、手札からエリア・地形・場所の組み合わせで3~4枚のカードを裏向きで場に出す。その後、1枚だけ公開して、これが他のプレイヤーへのヒントとなる。他のプレイヤーはこのヒントをもとに神聖なティキ像をどこかに配置して、その場所を開発不能にする。

それから、裏向きになっていたカードをすべて公開し、うまく開発が実行されたかを確認。開発が成功した場所にはコテージを配置できる。誰か1人のコテージがすべて配置されるか、海岸沿いの全開発地にコテージやティキ像が配置されたら最終で、その後に配置されたコテージの数をもとにして得点計算を行う。

得点はエリアマジョリティや連続などのパターンで入るため、各自どこを狙っているか段々明らかになってくる。どこにティキ像を置いて妨害するかの選択で駆け引きやブラフが生まれ、ヒリヒリした展開が楽しめる。

内容物:マカバナ島ゲーム盤 1枚、ノカ島・ナダー島ゲーム盤 1枚、コテージ 60個(6色x各10個ずつ)、ティキ像 6個、ロケーションカード 90枚(60×85mm)、ルール説明書 1冊

makabanaJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください