JavaScriptを有効にしてください。
Please enable JavaScript!
antiblock.org

『モンスターズvsヒーローズ:ヴィクトリア朝の悪夢』、『〃:深淵よりの覚醒』日本語版、7月16日発売 - Table Games in the World - 世界のボードゲーム情報サイト

『モンスターズvsヒーローズ:ヴィクトリア朝の悪夢』、『〃:深淵よりの覚醒』日本語版、7月16日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

monstersvsheroes1-2J.jpgアークライトゲームズは7月16日、『モンスターズvsヒーローズ ~ヴィクトリア朝の悪夢~(Monsters vs. Heroes: Victorian Nightmares)』と『モンスターズvsヒーローズ ~深淵よりの覚醒~(Monsters vs. Heroes: Volume 2 - Cthulhu Mythos)』の日本語版を発売する。ゲームデザイン・E.D.ゴンザレス、イラスト・J.カピック&J.C.ムルフィ(ヴィクトリア朝の悪夢)/R.クロサ&R.クロサ(深淵よりの覚醒)、2~8人用、8歳以上、10~30分、各1800円(税別)。

スペイン人デザイナーの作品でオリジナルは2015年、2019年にジェンXゲームズ(スペイン)から発売された。アレスゲームズが英語版を取り扱い、このたびの日本語版はペンドラゴン・ゲームスタジオ版(イタリア)に基づく。モンスターとヒーローの2陣営に分かれて死闘を繰り広げる正体隠匿ゲームだ。

はじめに英雄か怪物勢力のどちらかのカードが配られ、その陣営のカードを集めることを目指す。自分の手番には手札を1枚自分の前にプレイし、効果を適用するか、山札から1枚引くかのどちらか。

山札がなくなった時、各自陣営を明かし、自分の前にプレイしたカードでその陣営に属するものは得点、敵対陣営は失点となって、総合得点を競う。あからさまに自分の陣営ばかりプレイしていると、ほかのプレイヤーに邪魔されてしまうため、カード効果をうまく使ってカモフラージュしよう。

第1弾の『ヴィクトリア朝の悪夢』は霧の都ロンドンが舞台で、シャーロック・ホームズやドラキュラ伯爵などが登場。第2弾の『深淵よりの覚醒』はクトゥルフ神話のキャラクターが戦う。

各内容物:キャラクターカード60枚、陣営カード12枚、ルール説明書 1冊(※カードサイズ:63×88mm)

monstersvsheroes1-2J2.jpg

monstersvsheroes1-2J3.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください