JavaScriptを有効にしてください。
Please enable JavaScript!
antiblock.org

協力バッグビルドゲーム『GUNDAM THE GAME -機動戦士ガンダム:めぐりあい宇宙-』9月24日発売 - Table Games in the World - 世界のボードゲーム情報サイト

協力バッグビルドゲーム『GUNDAM THE GAME -機動戦士ガンダム:めぐりあい宇宙-』9月24日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

gundamthegame3.jpgプレックスは9月24日、テレビアニメ『機動戦士ガンダム』ボードゲームの第3弾となる協力バッグビルドゲーム『GUNDAM THE GAME -機動戦士ガンダム:めぐりあい宇宙-』を発売する。ゲームデザイン・アークライト開発チーム、1~4人用(4人推奨)、15歳以上、30分、6100円(税別)。

昨年3月に発売された『GUNDAM THE GAME -機動戦士ガンダム:ガンダム大地に立つ‐』、昨年12月に発売された『GUNDAM THE GAME -機動戦士ガンダム哀・戦士編-』に続く第3弾。TVアニメのエピソードに沿ったシナリオに協力して挑む。今回は第31話『ザンジバル、追撃!』~第43話『脱出』を4シナリオに編成。サイド6、ソロモン、ア・バオア・クーが舞台となり、ギャンやエルメス、ビグ・ザムが登場し、最後にはジオングに乗ったシャアが立ちはだかる。

プレイヤーはホワイトベースのクルーであるアムロ、ブライト、セイラ、フラウとなり、伏せられたパネルを開き、エピソードに基づいたミッションを達成していく。前回はダイスゲームだったが、今回は『オルレアン』などで用いられたバッグビルドシステムを採用。自分でカスタマイズしたバッグからキューブを引くが、バッグの内容を改良してキャラクターを育成すれば、戦闘や物語を有利に進められる。

大迫力の立体マップ「ア・バオア・クー」に戦闘イベントカードでジオン軍モビルスーツと戦う。コンスコンやマ・クベの多彩な戦略を打ち砕き、ジオングを撃ち倒すことはできるだろうか。一年戦争のフィナーレとなる作品だ。

内容物:キャラクターシート 20枚、ストーリーパネルカード 72枚(75×110mm)、ユニットカード 45枚(110×75mm)、戦闘イベントカード 27枚(41×63m)、バッグ 4枚、キューブ 109個、早見表カード 4枚、ストック 9枚、ゲームボード 1枚、立体ゲームボード 9枚、キャラクターコマ 6個、ユニットコマ 28個、ホワイトベースメーター 1枚、ホワイトベース表示コマ 1枚、コマ用台座 35個、ルールブック 1冊、収納用ビニル袋 16枚

gundamthegame3-2.jpg
© 創通・サンライズ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください