JavaScriptを有効にしてください。
Please enable JavaScript!
antiblock.org

もっと集めるか植えちゃうか『ハーベイシャス』日本語版、10月15日発売 - Table Games in the World - 世界のボードゲーム情報サイト

もっと集めるか植えちゃうか『ハーベイシャス』日本語版、10月15日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

herbaceousJ.jpgアークライトゲームズは10月15日、ハーブ集めゲーム『ハーベイシャス カードゲーム(Herbaceous)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・S.フィン&E.バラフ&K.マテイカ、1~4人用、8歳以上、15~20分、3000円(税別)。

オリジナルはドクターフィンゲームズとペンシルファーストゲームズ(アメリカ)から2017年に発売された作品。デザインは『ビブリオス』のフィン、『千本鳥居』のバラフ、『ロールプレイヤー』のマテイカが共作した。同年のゴールデンギーク賞でカードゲーム部門にノミネートされている。ハーブのセットコレクションゲーム。

各自4つのプランターをもち、同種のハーブ、異なるハーブ、ペアのハーブ、3種類のハーブを植えることができる。手番には、ハーブを1枚引き、自分の庭に取るか、共通の庭に取るか決める。自分の庭に植えれば次のカードは共通の庭に行き、共通の庭に植えれば次のカードは自分の庭に来るという仕組み。

こうして自分の庭か共通の庭を合わせてプランターの条件を満たせるハーブがあれば、それを取って得点にできる。しかし一度使ったプランターはもう得点できない。つまり4回の得点の合計を最大になるよう、ハーブを集めなければならない。

しかし長く待ちすぎると他の人に先に取られ、庭からハーブがなくなってしまうことも。相手の様子をうかがい、いいタイミングでハーブを取ろう。チキンレースと心理戦を融合したライトなカードゲームだ。

内容物:ハーブカード 72枚、プランターカード 16枚、標識マーカー 4個、ハーブ入りスコーンカード 1枚、早見表カード 4枚、ルールブック 1冊、ソロプレイ用ルールシート 1枚

herbaceousJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください