坐禅

『正見経』(中部経典9)を講読。十二支因縁(①無自覚(無明)②本能(行)③分別(識)④事物(名色)⑤感覚器官(六入)⑥対象との接触(触)⑦感受(受)⑧渇愛(愛)⑨執着(取)⑩輪廻(有)⑪誕生(生)⑫苦しみ(老死))の最終的な結果である老死の苦しみから、原因、原因の原因と遡るかたちで説かれている。

ことは誕生から始まる人生の苦しみという実存的な問題から始まり、感覚器官と対象の接触による感受・欲望・執着という認識論、さらに本能による分別で事物が作られるという存在論、そして最終的には真理の無自覚という宗教的なテーマへ。このように視点がどんどん変わっていくところが、十二支因縁の理解を難しくしている。

『正見経』ではさらに無明の原因として煩悩を設定し、無明の原因は煩悩、煩悩の原因は無明と循環させているところも考えさせられた。

無明の眠りの夢覚めて 尊き身をば今ぞ知る(御授戒御和讃)

人権擁護委員の研修でやまがた性暴力被害者サポートセンター(通称べにサポ)の職員さんのお話を伺う。何年、何十年も経ってから相談にいらっしゃる方がいるという話に、想像を絶する苦しみの深さを感じた。

仏教ではこの世の全ては苦しみで、その根本原因は無知や煩悩であると説くが、他人から与えられた苦しみには、その説明が当てはまらないように思う。「忍辱」「許す」という教えも、「そんなことを自分の家族が被害にあってもいえるのか」と言われればぐうの音も出ない。

周囲が寄り添い、時間をかけて苦しみを取り除いていく(抜苦)ことが必要となってくるはずだ。

骨髄バンク

コメント(0)

骨髄バンクの集いに提供者(ずっと前の話ですが)としてパネリストに呼ばれました。登録に高い志はいりません。提供も痛くないし、ひとりの命を救ったという満足感があります。現在の年齢制限は55歳まで。何となくでいいので、できるうちに登録しておきましょう。山形の窓口は山形駅前の献血ルームです。

従来の光陰はたとい空しく過ごすというとも、今生のいまだ過ぎざるあいだに急ぎて発願すべし(修証義)

梅花流の師匠逝く

コメント(0)

大町摂取院前住職・神尾(長岡)昭臣師の本葬に参列。

20代の頃、静岡・洞慶院にて丹羽廉芳師、安田博道師、大島賢龍師といった曹洞宗梅花流の創始者たちに真言宗密厳流のご詠歌(伝承曲)を教え、梅花流の創設に大きな役割を果たされた。お亡くなりになる2年前、梅花流研究プロジェクトの佐藤俊晃先生に同行して当時のお話をお伺いできたのは本当にありたがいことだったと思う。

伝えまし 受けつぎ来たり ありがたや

働き方改革

コメント(0)

市のPTA連合会に出席。今年度の事業計画方針に「教職員の働き方改革の趣旨を理解し、市PTAとしても支援・協力し、推進していく。」という項目が新たに追加された。

この「趣旨」に関して、PTA事業を見直して、先生方に子供に向き合う時間をもっと取ってもらうという説明をよく聞くが、私はさっさと家に帰って家庭や地域に貢献することが、教育者としても、一人の人間としても重要という意見である。

僧侶もそうだが、閉鎖的な空間から出ないでいると、常識と非常識の判断が鈍り、リアリティが失われ、どれだけ立派なことを言っても聞く人に響かなくなるだろう。

よぐござった 四季おりおり 洞松寺史 檀信徒の手引き リンク 森居山龍泉寺

アイテム

  • hinadan.jpg
  • asahi190403.jpg
  • sakuraniume.jpg
  • zaoski2019.jpg
  • zaoski2019.jpg
  • daihanyae2019.jpg
  • newjosetsuki.jpg
  • newshumidan6.jpg
  • hogoshi.jpg
  • zokukusaoka.jpg

アーカイブ

リンク用バナー