坐禅

十六善神

コメント(0)

大般若会では、中央正面に「十六善神図」という掛け軸をかけ、読経の前に礼拝する。この十六善神とは仏法を守護する16柱の神様たちで、掛け軸では鎧を着て武器を持つ。名前はサンスクリット語で、見たこともないような難しい漢字で音写されている。「インダラ神王」はインドラ(帝釈天)で、「クベーロ神王」はクベーラ(毘沙門天)であろうことは予想していたが、このたび説明を頼まれたので改めて調べてみた。

十六善神といってもいろんな組み合わせがあるようだが、大般若会で礼拝されるのは『陀羅尼集経』第三に説かれる「十六大夜叉将」。夜叉とは人を食べる恐ろしい鬼神だが、お釈迦様に帰依して仏法を守護するようになり、天龍八部衆のひとつに数えられている。しかしひとつひとつ見ていくと、全部が夜叉ではない。

①達哩底囉瑟吒/提頭頼吒神王(ダイズラダじんのう) धृतराष्ट्र/Dhrtarāshtra/ドリタラーシュトラ
持国天。四天王、東方守護

②禁毘嚕神王(キンビロじんのう) कुम्भीर/Kumbhīra/クンビーラ
金毘羅。ガンジス川の水運の神、薬師如来十二神将の筆頭。鰐、日本では蛇型。十二神将

③嚩日嚕神王(バサロじんのう) वज्र/Vajra/ヴァジュラ
金剛力士、仁王、執金剛神。金剛杵を執って仏法を守護する。十二神将

④迦尾嚕神王(カビロじんのう) कपिल/Kapila/カピラ?
聖仙?

⑤彌覩嚕神王(ミャキロじんのう) मिहिर/Mihira/ミヒラ
太陽神? 十二神将

⑥哆怒毘(ドンドビじんのう)神王 दण्डवत्/Dandavat/ダンダヴァット?
大軍勢を持つ者?

⑦阿儞嚕神王(アニロじんのう) अनिल/Anila/アニラ
風神(ヴァーユ)。原人プルシャの生気から生まれ、帝釈天と共に空界を占める。十二神将

⑧娑儞嚕神王(シャニロじんのう) शाण्डिल्य/Śāndilya/シャーンディリヤ
聖仙? 十二神将

⑨印捺嚕神王(インダロじんのう) इन्द्र/Indra/インドラ
帝釈天。金剛杵をもち雷を操る神々の王。十二神将

⑩波夷嚕神王(バイロじんのう) पज्र/Pajra/パジュラ
月の神? 十二神将

⑪摩尾嚕神王(マクロじんのう) महोरग/Mahoraga/マホーラガ
摩睺羅伽。帝釈天配下の大うわばみ。天龍八部衆、十二神将

⑫嬌尾嚕神王(クビロじんのう) गुपिल/Gupila/グピラ?
守護者?

⑬眞特嚕神王(シンダロじんのう) किंनर/Kimnara/キンナラ
緊那羅。美妙な音声をもち歌舞をなす帝釈天配下の楽神。天龍八部衆、十二神将

⑭嚩吒徒嚕神王(バタドロじんのう) भट्टधर/Bhattadhara/バッタダラ?
王の維持者?

⑮尾迦嚕神王(ビカロじんのう) विकराल/Vikarāla/ヴィカラーラ
ドゥルガー。3つの目と10ないし18本の腕を持つ戦いの女神。十二神将

⑯倶吠嚕神王(クベイロじんのう) कुबेर/Kubera/クベーラ
毘沙門天/多聞天。富と財宝の神、夜叉族の王、北方守護。四天王

※神王は『陀羅尼集経』第三では「大将」
※謎の神様の梵名は梵英辞書から推定

伝記では、十六善神は十二神将+四天王とされているが(『塵添壒囊抄』)、実際は一般的な十二神将から10柱、四天王から2柱で、あとの4柱は謎の神様である。十六善神に入っていない十二神将は安底羅大将(Andīra アンディーラ)、招杜羅大将(Catura チャトゥラ)、十六善神に入っていない四天王は増長天(Virūdhaka ヴィルーダカ)、広目天(VirūpākSa ヴィルーパアクシャ)、十二神将でも四天王でもない十六善神は迦尾嚕神王、哆怒毘神王、嬌尾嚕神王、嚩吒徒嚕神王。

掛軸での配置については「金剛智の図式は中央に釈迦牟尼仏を安置し、その左右両辺に文殊と普賢、法涌と阿難、玄奘と深沙大将を相対せしめ、更にその左辺の上より順次に提、禁、嚩、迦、彌、哆、阿、娑の八神、その右辺の下より順次に印、波、摩、嬌、眞、嚩、尾、倶の八神を列すと云い、このほかまた常啼、迦葉を図するものあり(『名相問答録』)」とあり、左上から下に行き、右下から上にいくという順序になっている。とはいえ実際にはどれも同じような姿・持ち物で区別しにくい。お寺さんで、掛軸や理趣分品の経典に十六善神図があったら改めてご覧頂きたい。

大学の後輩である馬場紀寿君の『初期仏教――ブッダの思想をたどる』(岩波新書)読了。最新の研究状況を踏まえつつも、「贈与」や「自律」というような生きた言葉で仏教の本質的部分を描き出している。

まえがきで仏典の読み方として現代的読解、伝統的読解、歴史的読解があるとし、著者は歴史的読解を目指す。アーリア人が定住・都市化する中で生まれた仏教は、既存宗教のバラモン教や、生まれた時代を同じくする唯物論と前提や用語を共有している。天界への再生、諸要素の集合に過ぎないという人間観、輪廻からの解脱といった思想について、どのように意味を変え、新規性を生み出しているか分析することが、歴史的読解である。

『法句経』や『経集』といった韻文の仏典は、最古の仏典としてお釈迦様が実際におっしゃったことに近いという説に筆者は疑問を唱える。これらは阿含経典の小部にはいっており、どの部派にも伝えられている長・中・相応・増支部に対して、後から三蔵に加えられたものと考えられている。そのため「おそらく当時のインド社会に広まっていたものが仏教に取り込まれて、人気を博したものである」とみる。相応部には韻文の諸経典を「外部の諸経典」として批判する記述も引用されている。

後半は四聖諦・五蘊・六処・(五~十二支)縁起といった仏教の基本思想を別々ではなく、総合的に捉えていく試み。基本には、生存は五蘊の集合であって全て苦しみであり、渇望を断ち切ることで輪廻から脱することができるというアイデアがある。「自己は諸要素の集合に過ぎず、諸要素を統一する主体などない」「渇望がある限り、執着が起こり、生存が繰り返し作られる」これが仏教の新基軸であるという。

仏教において「自己の再生産」を停止した「再生なき生」は、自己が輪廻から解放されることではなく、「欲望・生存・無知からの心の解放」であり、「自己を作り上げることの停止」である。涅槃は煩悩の炎が吹き消されることという解説があるが、五蘊=木の枝、執着=燃料、貪瞋痴=火で、涅槃は「燃料の供給を停止して、薪を焼く火が消えること」と説明するので合点がいく。さらに子孫繁栄や生天を象徴するバラモン教の祭火が消えることを暗示しているという。

大乗仏教や日本仏教などその後の展開については本書の対象外ではあるが、「再生なき生」=仏陀成道後の出家生活に焦点を当て、それを仏滅後まで延長したものと考えることができよう。「消滅」と捉えがちな初期仏教の目標を、生き方の根本的な転換とすれば、現代日本仏教まで道の一筋が見えてくるように思われた。

shumidan.jpg

内陣に須弥壇(しゅみだん)が設置された。

これまでの須弥壇は簡単な直方体で、当初の計画は同じかたちで作り直すことになっていたが、せっかく作り直すのだからと、施工業者に仏具カタログをお見せしたのがきっかけ。まずは家具屋さんに見積もりを取ったところ500万円!

これでは仏具カタログの値段と変わらず、完全に予算オーバーである。当初の計画に戻すしかないのかと諦めていたところ・・・そのうち、施工業者の会長さんから自ら作るとおっしゃって下さった。そして作業工程を変えて出来上がってきたのがこちら。何十年も前に買っておいたという高価な欅を使い、作業場で夜な夜な製作したという。丸みをつけるのは大工さんがあまり得意としない作業だそうだが、昔取った杵柄で見事な出来栄えで、職人魂を感じる

須弥壇とは、仏教の世界観で世界の中心にある高い山「シュメール山」に由来するもので、この上は仏の領域とされ、通常は御本尊を祀りますが、晋山式では住職がこの上に立って説法を行う。住職になって20年、御仏の導きでいろいろなものがつながり始めていることを感じている

Board Games at a Temple

コメント(0)

Englich tourist guide of my home town was issued.
るるぶ長井英語版に「お寺でボードゲーム」の案内が掲載。

bgintemple.jpg

Consignment Sale

コメント(0)

I cleared off some unused Indian books. These books are sold in Nagara Books (Hongo, Tokyo) on commission. If you would be interested in them, please contact Mr. Mori (info@nagara-books.co.jp) and order by each number. Some books of lacking number have been already sold.

よぐござった 四季おりおり 洞松寺史 檀信徒の手引き リンク 森居山龍泉寺

アイテム

  • bgintemple.jpg
  • shumidan.jpg
  • kaishu4.jpg
  • kaishu3.jpg
  • kaishu2.jpg
  • kaishu1.jpg
  • homusho.jpg
  • tunagarikakusa.jpg
  • ryogonshu.jpg
  • baikakoshukai2018.jpg

アーカイブ

リンク用バナー