坐禅

ボードガヤ

コメント(0)



11月1日からヴァラナシでの学会とコルカタでの調査で北インド。それに付随してまだ訪れていない仏蹟を巡礼している。
今日はボードガヤ。お釈迦様が菩提樹の下で悟りを開かれたところで、仏教の四大聖地の中でももっとも重要かつ豪華な場所だ。
ここに来るまで知らなかったのだが、お釈迦様は菩提樹の下で悟りを開かれてから7週間を、近くを転々として過ごしたという。つまり7つの瞑想スポットがわずか100メートル足らずのエリアに集中している。

  1. 菩提樹・・・麻原彰晃が座ってから厳重に柵が作られた金剛座

  2. アニメーシャローチャナ・ストゥーパ

  3. チャンクラマ・チャイティヤ

  4. ラトナグラハ・チャイティヤ

  5. アジャパラ・ニグローダ樹・・・ここでスジャータの乳粥を受け取る

  6. ムチャリンダ湖・・・本当はここから1.5キロ離れたところにある

  7. ラージャヤータナ樹・・・この後1に戻り、49日が満了。説法のためサールナートに向かう。


この7つを順に回ってお拝をしていくのはオリエンテーションのようで面白く、15分ほどで終えると深い満足感を得た。
明日は霊鷲山(りょうじゅせん、ラージギル)。眺望がすばらしいとのことでまた楽しみである。

コメントする

このブログ記事について

このページは、おの2004年11月10日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「仏蹟(2)ボードガヤ」です。

次のブログ記事は「仏蹟(3)ラージギル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー